2011年7月14日 第2回目の要望書提出

市側からは、担当各課の代表12名のご出席を頂きました。
約20名以上のお母さん達が参加し活発に意見を述べました。
回答の期日は後日市側から連絡が来る予定です。
回答を頂く日には、市側の説明も聞き、質問や意見も述べたいと思い、
時間をとって欲しい旨を伝えてあります。
日時は後日HPにてお知らせいたしますので、
子ども達のために、努力をしたい!と思っているみなさんはぜひご参加ください!!!

要望内容
  1. 福島原発は予断を許さない状況です。また、ホットスポットなどあるので、保育所、幼稚園、学校などで常時放射線量を測れる体制を整備し、放射線量の高いところは立ち入り禁止とすること。
  2. 万が一に備え、災害や放射線被害から子ども達を守るための危機管理マニュアルをつくり備えることを求めます。
  3. 内部被ばくを防ぐために、給食の食材に含まれる放射線量を計測出来る体制を整備する事。
  4.  希望者には、弁当、水筒の持参を認め保護者への通知をお願いします。
  5. 上尾市より明らかに放射線量が高いところへの校外活動は見直すこと。
  6. 市内で比較的高い値が出たところの土の分析をお願いします。
  7. 直売所で売られている市で生産された野菜の放射線量の測定と数値の公表をお願いします。

 

子ども埼玉ネット
子ども埼玉ネット

■ Bookmarks


休止中。